The RTI NANO RYGCB 35(OPSL)レーザプロジェクターは、明るさ、ビームの広がり角および精度の点で最も高い要件を満たしています。

このRTIショーレーザーシステムには、非常に洗練されたコヒーレントOPSLレーザーモジュールが搭載されています。  RTINANO RYGCB 35(OPSL)は、ビーム径2.7mm、ビームダイバージェンスca. 1.0mradになります 。*.*

この事は、ダイオードレーザ光源と比較して輝度の増加をもたらします。優れたビーム仕様により、このレーザープロジェクターはグラフィックス投影や長距離投影に最適ですが、長距離にわたって見る必要があるビームエフェクトにも最適です。

RTI NANO RYGCB 35 (OPSL) は 30'500mWの出力を保証します。 - フルカラー RYGCB  (5W 639nm red, 5W 577nm yellow, 16W 530nm green, 5W 488nm cyan, 4W 460nm blue).

カスタム可能:光源を最大2色選択できます!お問い合わせください!

コンパクトに構築されたレーザーシステムは、IP65ハウジングです。 .

RTI NANO RYGCB 35(OPSL)には、CT-6210Hスキャナが標準装備されています。スキャンスピードは、60kpps@8° ILDA 最大スキャンアングル 80° (@35kpps) 様々なイベントに対応可能です。 
RTI NANO RGB シリーズはILDA信号で制御する事ができて、さらに最新のメインボードはブラウザーインターフェイスにより設定が可能です。LAN(W-LANアクセスポイント)経由でレーザーに接続することにより、ブラウザーアプリケーションで、カラー、スキャニング、その他のパラメーターの設定に直接アクセスする事が出来ます。このブラウザーインターフェイスにより、レーザープロジェクターに物理的にアクセスする必要がなくなりました。全ての設定はコンピュター(PC, Mac, Linux)または、タブレット、スマートフォンからリモートで設定できます。
これらのユニットは、オプションでLAN、DMX、SDカードまたは自動モードでも操作できます。 W-DMXTMと取り外し可能なリモートパッドもリクエストに応じて利用できます。

このデバイスにはつぎのスキャナーとレンズを搭載することも可能です。 CT-6215HP Big Boy Driver scanners and low divergence optics: 60kpps@8°ILDA, max. 80° (@30kpps); beam diameter of ca. 5.5mm and a beam divergence of only 0.6mm.

 

* depending on the collimators; information based on our recommended standard optics.

メーカー:
Ray Technologies
保証出力(光学部品通過後):
30'500 mW
レッド出力:
5'000 mW / 639 nm
グリーン出力:
16'000 mW / 530 nm
ブルー出力:
4'000 mW / 460 nm
シアン出力:
5'000 mW / 488 nm
イエロー出力:
5'000 mW / 577 nm
レーザークラス:
4
ビーム仕様 (フルアングル):
CT-6210H + standard optics: ca. 2.7 mm / 1.0 mrad or optionally CT-6215HP + LD optics: ca. 5.5 mm / 0.6 mrad*
スキャナ:
CT-6210H Scanner inkl. RTI RayScan driver, 60 kpps@8° ILDA; optional: CT-6215HP Big Boy Driver 60 kpps@8°ILDA, max 80° (@30 kpps)
スキャン アングル:
80° max. (@35 kpps)
レーザーソース:
Coherent Taipan OPSL
操作モード:
ILDA; optional DMX, Auto, LAN, SD-card, W-DMX
アクセサリー:
Browser interface (integrated), manual, key, power cable; optional: detachable remote control pad incl. patch cable
電源:
85-250 V AC 50/60 Hz
消費電力:
1200 W
寸法:
773/385/205 mm
製品重量:
42 kg